年金 手帳 紛失。 年金手帳を紛失した……!即日再発行できる?方法と必要な物・料金

年金手帳を紛失した場合、再発行の期間は?即日交付に必要なものは?

手帳 紛失 年金

電子証明書を取得済• 公的年金の受給手続きの必要書類 公的年金の受給手続きをするときには、年金手帳が必要となります。 しかし再発行の手続きはそこまで難しいものではないので安心して、必要な時期に合わせて年金手帳を再度取り寄せるようにしてください。 この2つを持って、最寄の年金事務所(日本年金機構)に行けば、年金手帳を即日再発行してもらえます。

年金手帳を紛失したままだとどうなる? 年金手帳を紛失したままにしてしまうと、退職や就職時に行う年金の切り替えの手続きや将来年金を受給する際など、年金に関する手続きをスムーズに行うことができなくなります。 年金加入記録を確認する資料 年金手帳には、保険料納付記録(年金の加入記録)の記入欄があります。

転職先に求められる年金手帳、紛失時の対応は?

手帳 紛失 年金

年金手帳の種類 年金手帳は発行時期によって名称や色が異なりますが、 現在年金保険料を支払っている人のほとんどは、下記のオレンジかブルーの手帳になります。 出典 執筆者:柘植輝 行政書士 関連記事 The post first appeared on. 年金手帳が見当たらない? 老後の年金が楽しみで、年金手帳を普段から眺めているという従業員は多くありません(不安で確認するという方はいるかもしれませんが)。 年金手帳の存在意義は? 年金手帳とは、年金の加入者に配布される小冊子であり、就職や退職によって加入する年金の種類が変わったり、年金の受給手続きをする際などに必要となるものです。

9
e-Gov電子申請システムサイトを信頼済のサイトに登録している• 預かるのは原本がベター 取得届とともに年金手帳の原本を提出するわけではないため、写しを預かっても違法になるなどの問題はありません。

年金手帳を紛失した場合、再発行の期間は?即日交付に必要なものは?

手帳 紛失 年金

しかし、 住民票のある地域の管轄日本年金機構事務所であれば、即日発効が可能です。 年金事務所は、年金に関しての質問や手続きなどの業務を請け負っている事務局です。 代理申請での必要書類• 会社を退職し、これから国民年金に切替える場合などは、最後に勤務していた会社で加入していた種類に〇をつけ、 「資格喪失年月日」を記入してください。

11
退職前に慌てて忘れないように、一覧を確認しておきましょう。 申請内容 再発行申請の理由を(紛失・破損汚れ・その他)から選びます。

年金手帳紛失!再発行手続きのやり方完全ガイド。即日再発行もできる!

手帳 紛失 年金

そんな時に年金手帳がどこにあるか、手がかりとなるかもしれない事をお伝えします。

6
この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

年金手帳紛失→即日10分で再発行してもらえた話。必要なものを確認!

手帳 紛失 年金

年金証書を紛失したら 市役所窓口または(日本年金機構)尼崎年金事務所で「年金証書再交付申請書」に必要事項を記入して、申請してください。 厚生年金の被保険者は勤務地の住所地にある年金事務所が、管轄の年金事務所となります。 再交付の具体的な手続きとしては、「年金手帳再交付申請書」に従業員が入社前の勤務先などの名称と所在地などを記入します。

2
法定代理人(法定代理人である証明書が必要)• 年金の受給手続きなどの際には必ず必要になりますので、年金手帳を紛失した場合は再発行申請の手続きを取りましょう。

転職先に求められる年金手帳、紛失時の対応は?

手帳 紛失 年金

シャチハタ(朱肉を使わないスタンプタイプの印鑑)やゴム印は使用できません。

12
【年金手帳の再交付手続き】 再交付申請書を自分の該当する市区町村役場または年金事務所に提出するか、事務センターに郵送します。

年金手帳、納付書、年金証書を紛失したとき|尼崎市公式ホームページ

手帳 紛失 年金

入社時の年金手帳提出などマイナンバーカードで代用できないこともあるので、紛失したら再発行の手続きをする。 年金基礎番号がわからない 年金基礎番号がわからない場合は、年金手帳の他にも次の書類に記載されています。

14
年金手帳 年金手帳を紛失した場合の手続き 普段生活していて、年金手帳が必要なケースはあまりまりませんが、就職や転職などのときに必要となります。

転職先に求められる年金手帳、紛失時の対応は?

手帳 紛失 年金

本文で見てきたように、年金手帳は様々な方法で再発行が可能ですから、紛失した事を確認したら有事に備えてなるべく早めに再交付してもらいましょうね。

1
年金手帳はどこにあるのか 会社 年金手帳は入社時にそのまま会社に預けているという場合もあります。 これにより、"年金手帳や基礎年金番号"の役割は低下していく事が予想されますが、現時点では就職時・転職時に求められる事も多いですし、年金受給の際にも必要になることがあります。