ひぐらし 業 考察。 ひぐらしのなく頃に業 祟騙し編1時点 考察|スレッショルド|note

ひぐらしのなく頃に業 「鬼騙し編」時点での考察

考察 ひぐらし 業

それを醸し出すように、一家勢ぞろいのシーンで魅音が正座し、詩音がヤクザっぽい態勢?で立っているシーンが描かれています。 もし圭一がフランス人形を魅音にあげれば詩音は傷つきます。 前作では鷹野三四という大きな黒幕がいたことで、結構有耶無耶になっていたのでそこにメスを入れるのではと考えています。

ただ黒幕とまで言い切るには子供すぎるような。 あの晩、何が起こったのかを全て覚えてはいるけれど、何故起こったのかを理解できない圭一は、涙を流して話したくないと言います。

『ひぐらしのなく頃に業』8話感想(綿騙し編 其の四)・・・つまりどういう事だってばよ・・・さっぱりわからん!!

考察 ひぐらし 業

(レナの場合は結構はっきりと覚えている可能性も高い) しかし、 魅音と沙都子に関しては現在あまりスポットライトが当たっていないということもありますが、 前のことに関しての記憶は一切なさそうです。

11
業による報いを業果や業報という。

【ひぐらし業】綿騙し編 ポイント・考察まとめ(ネタバレ)|ひぐらしのなく頃に業|ゆう|note

考察 ひぐらし 業

似た状態では「ひぐらしのなく頃に 礼」と言うシリーズでは古手梨花は羽入とのコンタクトが満足に出来なかった。

前作でも父親を守るために行動するレナはありましたが、今回も父親のために圭一を殺そうとしていましたね。 ) 裏お茶会という場面で上位存在の会話が聞けるのですが、その際に出てくるキャターの会話や設定が と絡んでいるように感じられます。

ひぐらしのなく頃に業 反転ルールXYZ考察と綿騙し編・祟騙し編の予想

考察 ひぐらし 業

このオヤシロ様の腕は、沙都子によって破壊されているのです。 【ひぐらしのなく頃に業】アニメ第4話の感想・考察・解説! これは恐ろしい展開、新しい展開ですね。

(鬼隠しで圭一が発症するのも稀な状態だった。 台所で勝手に準備をすると言うレナは、重箱の中から、怪しげなツールを出すのでした。

ひぐらしのなく頃に業 祟騙し編1時点 考察|スレッショルド|note

考察 ひぐらし 業

) この罪では 長くても5年程しか懲役期間はありません。 「ひぐらしのなく頃に」の世界は、梨花を駒とする奇跡の魔女ベルンカステルと、鷹野を駒とする絶対の魔女ラムダデルタの盤上だった。 何を書いているかわからないが、そのままの話が実際にゲーム進行で起きるのだから仕方がない。

14
この角は生えているわけではなく、外付けHDであり頭部辺りを浮いているらしい。 今作《騙し》シリーズでは、やはり ルールの反転が見られると考える。

【ひぐらし業】綿騙し編 ポイント・考察まとめ(ネタバレ)|ひぐらしのなく頃に業|ゆう|note

考察 ひぐらし 業

。 複雑な生い立ちで世間体のため外に出ないほうがいい子ども 梨花の場合は後者に当たりそうですが、死んだのだとしたら結局学園もかばいきれずに外部の者に殺されてしまったということなのでしょうか? 他殺だったとしたら、学園内部の犯行なのか外部の犯行なのか気になるところです。 そんな過去を変えるためにオヤシロ様の右腕を壊さない行動をとったのではないかとされている。

16
鷹野三四の起す「雛見沢大災害」の脅威を攻略した経験のある古手梨花のセリフだ。

【考察】ひぐらしのなく頃に【ルール復習とちょっと業】

考察 ひぐらし 業

もしも「業」でも圭一が雛見沢症候群が発症しているのであれば、第4話から学校の仲良しメンバーを疑い始め、魅音とレナがくれたおはぎに針が入っていたと考えだし、「命を狙われている」と紙に書き出し、護身の為に悟史のバットを振るようになるでしょう。 この調子でフラッシュバックが続くようなら古手梨花以外に記憶を引き継いでいる可能性もある。

14
まず羽入が消えかかっているという2話から、ループを続けることで羽入もひぐらし世界で生き続けることができるので再びループの世界が生まれたという考えです。

『ひぐらしのなく頃に業』8話感想(綿騙し編 其の四)・・・つまりどういう事だってばよ・・・さっぱりわからん!!

考察 ひぐらし 業

ここまでの話で詩音がこれまで(綿流し・目明し)のように激しく発症しそうな雰囲気ない。 その後、 旧作アニメの綿流し編または厄醒し編の折衷のようなストーリーが展開しました。 綿騙しのが「 これまでのは全部私!」という発言を信用すれば、 原作通りの入れ替わり順かと思われます。

20
鷹野三四のリーディングシュタイナー、記憶の引き続きは? 過去の作品において、古手梨花と「フレデリカ・ベルンカステル」の違いなどの明確化があった。