クリストファー プラマー。 クリストファー・プラマーが91歳で死去

クリストファー・プラマーとは

プラマー クリストファー

だが、公開が数週間先に迫ったところでスペイシーの過去のセクハラが暴露され、急遽、リドリー・スコット監督は、プラマーで撮り直しをすると決めたのである。 心地よかったんだ。

さらに、同じくオスカー俳優のマーティン・ランドーやブルーノ・ガンツ、ヘンリー・ツェニーら名優たちが集結している。

クリストファー・プラマーとは

プラマー クリストファー

2年近く前に一緒に仕事をできたのは幸運で、素晴らしい経験だった」とたたえた。 そしてその兵士は身分を偽り、いまも生きているという。

91歳だった。

クリストファー・プラマーとは

プラマー クリストファー

91歳没。

5
どうしようもない状態でありながら、自分に『大丈夫』と言い聞かせて生きていくんだ」。 やがて自分の出世作についても好意的に振り返るようになり、2008年の回顧録では「温かく、感動的で、喜びにあふれた、時代を超えた」作品だと評価している。

クリストファー・プラマー

プラマー クリストファー

主な出演作に「スタートレックVI 未知の世界」など。 シェイクスピア劇やブロードウェイの舞台で活躍し、映画に出演したのは29歳からと、映画界においては意外とデビューが遅かった。

19
「覚えているか? ルース亡き後、誓ったことを。 「純粋に楽しい」と感じる舞台の仕事も続けてきたことも、若さを保つのに役立っているのかもしれないとも、プラマーは言っていた。

人物情報

プラマー クリストファー

静かな部屋に美しい歌声とピアノの音色が響き渡る映像となっている。 1962年にジャーナリストの女性と結婚するが1967年に離婚。 しかし、ジュリー・アンドリュースとは強い友情を築き、それはあの映画から得られた素敵なことだったとも述べている。

2
映画『』にて、との撮影シーン(1964年) 映画デビューは1958年。 それも、気持ちいい感じで麻痺した。

クリストファー・プラマー

プラマー クリストファー

ここでは、クリストファー・プラマー氏の膨大な仕事のうち、映画俳優としてのごく一部を振り返り、彼が伝説的俳優であった理由を、あらためて考えてみたい。 幼い頃はピアニストを夢見ていたが、学校で舞台に立ったことから俳優を志す。 またアンドリュースさんとの共演経験について、「毎日毎日、巨大なバレンタインデーのカードで頭を殴られるみたいなもの」と話したこともあるが、2人は後に親友になった。

「サウンド・オブ・ミュージック」(1965年)や「スター・トレックVI 未知の世界」(1991年)など数々の映画や舞台に出演し、2012年には「人生はビギナーズ」で米アカデミー賞助演男優賞を受賞した。 オスカー俳優クリストファー・プラマーが亡くなった。