郡山 ラーメン 裁判。 福島県郡山市の業務用スープラーメン店名の場所はどこか特定|裁判相手Aさん橋本純とは誰?

「業務用スープを使用している」中傷に苦しんだラーメン店の戦い

裁判 郡山 ラーメン

SNS上でもスープを評価する書き込みをしていたし、来店すると田中さんにラーメンの知識を話していたという。 単なる言い争いにはせず、絶対に法律のフィールドで潔白を証明してやろうと決めたんです」 すぐさま警察にも相談したが、対応してもらえなかった。 「書き込みをやめてくださいと頼めば、きっと『田中が謝りにきた。

5
net ブロガーキモすぎなんだけどマジで。

【福島】「業務用スープだろ!」SNS中傷に苦悩…人気ラーメン店が裁判で「潔白」を勝ち取るまで

裁判 郡山 ラーメン

。 開店の2日目にいらっしゃって、ラーメンを2杯食べていかれました。 裁判が終わってもなお、相手は店について、ネガティブな投稿を続けていたのだ。

勉強して、苦労して、作ったものを嘘と思われるのは納得いかないし、そんな虚偽の書き込みでお客さんが離れていくのもつらかったんです」 田中さんは、Aさんに直接会って話したり、メッセージや電話で連絡したりもしていないという。

【SNS中傷】「あのラーメン屋は業務用スープを使ってる!」客足が減るなど大きな被害、店名は??

裁判 郡山 ラーメン

「裁判の請求に、投稿の削除と、謝罪と訂正の掲載を盛り込んでおくべきでした」 田中さんは8月下旬、店のアカウントで、判決内容についてツイートしている。 もともとは客だった男性Aさんから「業務用スープを使用している」などと指摘する投稿をフェイスブックなどで繰り返され、社会的評価を低下させられたとして、2019年7月24日、110万円の損害賠償を求める裁判を起こしていた。 実は田中さんは「業務用スープをラーメン店が使用すること」の是非については、肯定的だ。

15
Aさんは自身のSNS(フェイスブック)では本名で、グルメサイトにはハンドルネームで、飲食店のコメントを書き込む活動をしていた。 SNS上でもスープを評価する書き込みをしていたし、来店すると田中さんにラーメンの知識を話していたという。

「業務用スープを使用している」中傷に苦しんだラーメン店の戦い

裁判 郡山 ラーメン

「業務用スープを使ってもいいんです。

9
直接やりとりすれば、私が暴言を吐いたり、ぶん殴ってしまうかもしれなかった。 書き込みを発見してから、約3カ月後には裁判が始まっている。

福島県郡山市の業務用スープラーメン店名の場所はどこか特定|裁判相手Aさん橋本純とは誰?

裁判 郡山 ラーメン

(2)投稿は名誉毀損か 原告主張はこうだ。 福島県郡山市の人気ラーメン店は、SNSなどインターネット上の書き込みに1年以上も悩まされてきた。

4
(4)損害が発生したか このようにして、投稿が名誉毀損に該当すると認められたわけだが、損害については以下のように結論づけられた。

【福島】「業務用スープだろ!」SNS中傷に苦悩…人気ラーメン店が裁判で「潔白」を勝ち取るまで★4 [シャチ★]│エンがちょブログ

裁判 郡山 ラーメン

Aさんが自身のFBに書き込んだ内容は以下のようなものだ(編注:以下の投稿について、編集部によって文言を一部修正しています)。 郡山簡易裁判所は2020年7月30日、SNS上の書き込みが名誉毀損にあたると認め、Aさんに対して、11万円の損害賠償などの支払いを命じる判決を下した(双方、控訴せず、判決が確定)。

12
「SNS上でも私は一度も反論していません」と話す。

「業務用スープだろ!」SNS中傷に苦悩…人気ラーメン店が裁判で「潔白」を勝ち取るまで(2020年9月13日)|BIGLOBEニュース

裁判 郡山 ラーメン

やはり業務用スープを使っていたんだ』とSNSに書き込まれてしまうかもしれません。

3
SNS上でもスープを評価する書き込みをしていたし、来店すると田中さんにラーメンの知識を話していたという。 しかし、そんな飲食店ばかりではありませんよね。

「業務用スープだろ!」SNS中傷に苦悩…人気ラーメン店が裁判で「潔白」を勝ち取るまで(2020年9月13日)|BIGLOBEニュース

裁判 郡山 ラーメン

これが意外と相性よく、味の持ち上げもさることながら、スープとの相性も濃厚系のものと合うから当たり前なのかも知れないね。 Aさんは自身のSNS(フェイスブック)では本名で、グルメサイトにはハンドルネームで、飲食店のコメントを書き込む活動をしていた。

13
スープの材料である会津地鶏の仕入れ伝票を裁判に出そうと思えば出せますよ。