光源氏 の 誕生 品詞 分解。 源氏物語の光源氏の誕生の、この文の、敬語表現、誰から誰への敬意を教えていただき...

源氏物語『桐壺』解説・品詞分解(1)

の 誕生 品詞 分解 光源氏

しかしづき給ふことかぎりなし。 しかと心もとながらせ給ひて、急ぎ参らせてご覧ずるに、めづらかなる 児 ちご の御 容貌 かたち なり。

7
心異に=ナリ活用の形容動詞「心異なり」の連用形、(心構えや気配りが)格別である 思ほし=サ行四段動詞「思ほす(おぼほす)」の連用形、「思ふ」の尊敬語、お思いになる。 母君は初めよりおしなべての 上宮仕 うえみやづか へし 給ふ べき 際 きわ にはあらざり き。

源氏物語光源氏の誕生敬語について

の 誕生 品詞 分解 光源氏

このように、 謙譲語で動作を「される」人物への敬意を、 尊敬語で動作を「する」人物への敬意を、 同時に表わす用法を、「二方面に対する敬語」というよ。 答えは、 どこにもない。

11
ある五月雨の降る夏の夜、宮中の宿直所で、光源氏は頭中将(源氏の義兄)と、女性論の話になり、そこに友人の左馬頭、藤式部丞が加わって、さらに話は 5春日野の若紫 このサイトでは、これまで夕顔の物語を取り上げてきました。 作者からの敬意 る=完了の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形。

源氏物語桐壷光る君光る君の誕生光源氏の誕生品詞分解と全訳

の 誕生 品詞 分解 光源氏

. 」と、 やうやう 天 あめ の 下 した にもあぢきなう、人のもてなやみぐさになりて、 しだいに世間でも苦々しく思われ、人々の心配の種になって、 楊 よう 貴 き 妃 ひ の 例 ためし も引き出でつべくなりゆくに、 楊貴妃の先例までも引き合いに出しそうなほどになっていくので、 いとはしたなきこと多かれど、かたじけなき御心ばへの 類 たぐい なきをたのみにて 交 ま じ らひ給ふ。 動作の主体(寵愛を受けて栄えている人)である桐壷の更衣を敬っている。

15
世に比類がないほど美しい玉のような皇子までもがお生まれになった。

源氏物語『桐壺』解説・品詞分解(3)

の 誕生 品詞 分解 光源氏

な=断定の助動詞「なり」の連体形、接続は体言・連体形。 。 2 植物ムラサキの別名。

20
上達部や殿上人なども をもえはばからせ給はず、世のためしにもなりぬべき御もてなしなり。 . 誰だろう? ヒント:「この皇子の」の「の」は主格の格助詞で、「~が」と訳すんだよ。

源氏物語の光源氏の誕生の、この文の、敬語表現、誰から誰への敬意を教えていただき...

の 誕生 品詞 分解 光源氏

なので、敬意の方向などには、あまりこだわらないのが吉でしょう。 助動詞: 薄緑のマーカーです 敬語: 緑のマーカーです 係り結び: オレンジのマーカーです。 楊貴妃の先例までも引き合いに出しそうなほどになっていくので、 いと はしたなきこと多かれ ど、 かたじけなき 御心ばへ の 類 たぐい なきを たのみにて 交 ま じ らひ 給ふ。

2
「あはれ」はもともと感動したときに口に出す感動詞であり、心が動かされるという意味を持つ。

源氏物語『桐壺』現代語訳(2)

の 誕生 品詞 分解 光源氏

恥ずかしい、面目ない 御心ばへ=心遣い、趣向 の=格助詞、用法は主格、訳「帝の心遣い が比類のないほどなのを」 類なし=形容詞ク活用、並ぶものがない たのみ=マ行四段動詞「頼む」の連用形。 動作の主体である御方々(女御たち)を敬っている。 教育目的に限りご使用ください。

18
かたじけなき=ク活用の形容詞「かたじけなし」の連体形、恐れ多い、もったいない。 光源氏臣籍降下。

源氏物語「光る君誕生」(桐壺) 問題

の 誕生 品詞 分解 光源氏

。 「源氏物語:桐壺・光源氏の誕生〜後編〜」の現代語訳(口語訳) 前 さき の世にも、御契りや深かりけむ、世になく清らなる玉の男皇子 をのこみこ さへ生まれ給ひぬ。 宮中=天皇とその家族の住む場所。

9
敬語の話者が誰かとか、動作をする人される人などという、中途半端な敬語の理屈を言って嬉しがっていても、たいして役に立つことはないし、むしろ敬意を読み落としてしまう恐れがあるのです。

源氏物語『桐壺』現代語訳(2)

の 誕生 品詞 分解 光源氏

(桐壺の更衣の)父である大納言は亡くなって、母は、古風な由緒ある人で親がそろっていて、当面の世間の評判は華々しい御方々にもそれほど劣らず、何かの儀式も行いなさったが、特別しっかりとした後見人がいないので、(桐壺の更衣は)有事の際は、やはり頼りどころがなく心細げである。 動作の対象(参上された人)である桐壷帝を敬っている。 その中にそれほど身分は高くないが誰よりも帝から愛されている人がいました。

18
「思う」の尊敬語。