本 好き の 下剋上 フェルマイ。 フェルディナンド(本好きの下剋上) (ふぇるでぃなんど)とは【ピクシブ百科事典】

本好きの下剋上

フェルマイ 下剋上 本 の 好き

余所から来た者にはひどく厳しい義母のヴェローニカに疎まれ、ヴィルフリートを生んだ直後にヴェローニカに取り上げられてしまい、何もしてやれなかったことを恨んでいる。 桜色の。 リヒャルダが側近を辞任後は筆頭側仕えとなる。

13
アダルジーザの実の 次期王に 選ばれなかったものは処分され魔石として輸出されるという過酷な環境でした。 エーレンフェストとダンケルフェルガーの共同研究である奉納式の儀式に参加し、そこで本当の神事を再現したローゼマインの姿を見て感激する。

本好きの下剋上 ss ※フェルマイと妄想多し

フェルマイ 下剋上 本 の 好き

卒業後、命の危機を察した領主により神殿へと移動する。

7
クラリッサの出奔原因がこの人が呟いたことのあたりが、ハンネと親子だなと シュバルツ争奪のきっかけとくだりが似てる 2020-12-10 11:34:33 New! 本人はまじめに司書を務めあげているが、図書館の維持には上級貴族が3人は必要で彼女1人では魔力が足りないため、ローゼマインたちは引き続き図書委員として協力することになる。 ローゼマインから祈念式の古い儀式で聖典と違う部分を指摘されて再現してみたところ、春を呼ぶ儀式が復活した。

本好きの下剋上 ss ※フェルマイと妄想多し

フェルマイ 下剋上 本 の 好き

フェルディナンドの仕事量を減らすための要員としてローゼマインが推薦する。 これをきっかけに、「働かざるもの食うべからず」というマインの哲学に触れることになる。

ギュンターとは今でもラブラブで第二部でカミルを授かる。

本好きの下剋上

フェルマイ 下剋上 本 の 好き

基本的には青色神官や青色巫女に仕える。 目の色が藍色。 飽和するほど魔力を流し込むと金粉化する。

19
フェルディナンドがアーレンスバッハへ向かうことが決まり、後任として神官長を務めた。

アウブ・ダンケルフェルガー

フェルマイ 下剋上 本 の 好き

さらに、貴族の養女、もしくは貴族から魔術具を得る立場になった方が良いと考えたフェルディナンドの教育+図書室の聖典などによって、神への言葉の唱え方を覚えた。 料理人を探していたベンノに自分を売り込み、マイン専属の料理人となる。

19
商売人・工房長としてのマインを後見する。 執筆 『本好きの下剋上』はそれまで恋愛小説を執筆してきた著者が、他のジャンルへ挑戦しようとして執筆された。

「本好きの下剋上」

フェルマイ 下剋上 本 の 好き

細身であり高身長。 身食いであるがマインと出会った時点で下級貴族のヘンリックと契約して、いずれ愛妾として貴族街で店を持つ予定。 絶対泣かせていると思っていた」 「 笑顔、怖いっ!!」 以上の功績や学生時代の伝説から付いた二つ名が「 エーレンフェストの魔王」。

20
ローゼマインとなったマインは、前の家族と話せない、貴族にも慣れない環境の中、本を作ること、読むこと諦めずに励むことになる。

最高フェルマイ 本 好き の 下剋上 イラスト

フェルマイ 下剋上 本 の 好き

子供らしい丸みを帯びていた顔は少しほっそりと輪郭を変え、愛らしさのあった顔立ちは玲瓏とした美しさに変わり、すんなりと伸びた指先に子供の丸みはなく、しなやかさを持つ。 魔力は薄い全属性で、生まれた土地の属性がやや強め。

派内の結束と高めるためにガブリエーレがアーレンスバッハから名捧げの慣習を持ち込んだため、中核となる貴族にはヴェローニカやゲオルギーネに名捧げしている者が多い。 王宮鎮圧後、助け出した妹・マグダレーナと共に講堂の戦いに参戦、を打ち倒すと同時に、反乱者の捕縛を行った。