日立 アステモ。 日立AMSとホンダ系3社は「日立アステモ」に、経営統合は2020年度中に完了(MONOist)

日立とホンダ、統合会社「日立アステモ」を20年度内に設立へ、ボッシュやデンソーなどメガサプライヤーに対抗 ほか

アステモ 日立

なお、統合会社は日立グループの一員として日立ブランドを使用していく。

20
統合会社の商号においては、『先進的かつ持続可能な社会に貢献する技術を通じて、安全・快適で持続可能なモビリティライフを提供する』との企業の意志を明確に表現するため「Advanced Sustainable Technology for Mobility」の頭文字を繋げてAstemo(アステモ)とした。 ホンダが筆頭株主となっているケーヒンおよびショーワ、日信工業の普通株式をホンダが公開買付けをして完全子会社化。

アステモ発足は2021年1月1日…日立オートモティブシステムズによるサプライヤー3社の吸収統合

アステモ 日立

また、高精度地図を使った「アイサイトX」を一部グレードに設定する。

8
このように、新商号や新たな事業ブランドを通じて、世界のモビリティ業界をけん引するグローバルメガサプライヤーとしての企業意志を強固なものとします。 統合会社は「Advanced Technology(先進的な技術)」として、すべての会社の強みが融合し、時代の急激な変化に先駆けた、 CASE領域をはじめとするモビリティソリューションを提供する。

日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業の統合会社は「日立Astemo(アステモ)」に

アステモ 日立

統合会社では、4社のコア事業の連携を強化する。

6
関連記事• さらに、日立オートモティブシステムズを最終的な吸収合併存続会社とし、ケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収合併することが決定。

日立とホンダ、統合会社「日立アステモ」を20年度内に設立へ、ボッシュやデンソーなどメガサプライヤーに対抗 ほか

アステモ 日立

売上高と営業利益は2019年3月期の数値 統合後は世界シェア3割、営業利益率2ケタに 会見に出席した日立製作所 執行役副社長の小島啓二氏は、自動車部品事業が日立にとって重要な位置付けであることを強調した。 これまではオートモーティブシステム事業として、電力や金融などと並ぶ独立した扱いだった。 「Advanced Sustainable Technology for Mobility」の頭文字を繋げ、「先進的かつ持続可能な社会に貢献する技術を通じて、安全・快適で持続可能なモビリティライフを提供する」との企業意志を明確に表現した。

統合会社の商号は「Astemo(アステモ)」。

日立オートモティブシステムズ/ケーヒン/ショーワ/日信工業:経営統合後の社名は「日立Astemo」に|Motor

アステモ 日立

その代表的なものはパワープラントの電動化と自動運転技術の搭載だが、ここで注目を集めているのが自動車部品サプライヤーの存在なのだ。 日立オートモティブシステムズ CEOのブリス・コッホ氏は「新会社はグローバルなメガサプライヤーとなる。

5
量をスケールアップしないと利益が出ないので、営業利益率2ケタに向けて極めて重要なポイントになる」(小島氏) 日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業の間では、それぞれ重複する製品がある。 レスポンス 纐纈敏也@DAYS. 日立オートモティブシステムズとケーヒン、ショーワ、日信工業4社の経営統合により、新会社「日立Astemo(アステモ)」が誕生。

日立とホンダ、統合会社「日立アステモ」を20年度内に設立へ、ボッシュやデンソーなどメガサプライヤーに対抗 ほか

アステモ 日立

しかし、仮にある自動車メーカーが「カメラはA社、LiDAR(ライダー)はB社、ステアリング制御はC社、ブレーキ制御はD社……」といった具合に個別のサプライヤーからパーツを購入するとなると、それぞれの互換性や協調制御を自社で調整ないし開発することになり、膨大な量の作業を強いられる。

3
ホンダ以外の自動車メーカーにも広く拡販するため、新会社の持分比率は日立製作所が66. 写真はそのふたつを統合制御する新システム搭載車両の試走会でのワンシーン。

ホンダ系列のサプライヤーは「日立アステモ」に

アステモ 日立

2019年10月30日付で発表済みのとおり、CASE分野においてグローバルで競争力のあるソリューションの開発・提供を強化するため、4社は今年度中に経営統合を完了する予定。 ライフセクターでは収益性改善が課題となっており、日立オートモティブシステムズでは2018年に3. 生産開始時期など詳細は協議中だが、開発は日本で、生産と販売は日米中の3カ所で行う。

4
現在、自動車・二輪車業界では100年に一度と言われる大変革時代に直面しており、環境負荷の低減や交通事故削減、快適性のさらなる向上等が求められる中、今後の自動車・二輪車システムの中核である電動化や自動運転、コネクテッドカー等の分野において、競争が激化している。