シューマン ピアノ 協奏曲。 シューマン ピアノ協奏曲 イ短調 Op.54 | おすすめ!名盤レビュー

シューマンのピアノ曲ベスト10

ピアノ 協奏曲 シューマン

CHAAの主題から他のあらゆる主題が導かれているという点だけで言えば、ライトモチーフや循環形式が登場する前の、当時のピアノ協奏曲としてはかなり珍しい手法だったに違いないが。 奥行きもあり瑞々しさを失わない録音。 微妙な揺れが、少女のときめきのようで、う~ん、たまらん。

ピアノは、細かいフレーズを、すごい快速で、パラパラパラ~っと情熱的に、ラストに向けてテンションがあがっていく。

シューマン ピアノ協奏曲イ短調op.54 名盤: ハルくんの音楽日記

ピアノ 協奏曲 シューマン

・ 「右手6小節+出口2小節」の呼吸で 弾く ・「左手 名前を付けて 6+2小節」 両手で弾く 手の都合の「逆で」弾く…第3楽章 第2テーマ シューマンのピアノ協奏曲 第3楽章の第2主題は、合わせにくくて有名。 バーンスタインの指揮は協奏曲でも構わずテンポを大きく変化させているし、所々で溜めも聴かれる。

17
まずあの劇的かつ印象的な冒頭のピアノ、何かに落ちていくような下降を、どうして前向きに捉えられようか。 ミニチュアスコアは 各社から 出ている。

シューマン ピアノ協奏曲イ短調「頭のなかの♪おたまじゃくし」~クラシック音楽を聴いてみよう~

ピアノ 協奏曲 シューマン

変イ長調の夜想曲風の変奏は、C-H-Aの主題を印象付けており、冒頭序奏の鋭いリズムが同調で現れます。

ピアノは、鬱として、落ち着き払った顔をしつつも、熱を孕んだ感じが初めからしている。 3つの前奏曲とフーガ Op. 不思議に落ち着いた演出で、管弦楽とピアノが、時にオブリガートを互いに務めるという凝った構成とのこと。

ピアノ協奏曲 Op.54 イ短調/Konzert für Klavier und Orchester a

ピアノ 協奏曲 シューマン

0 レビュー数:2個 エレーヌ・グリモーは天才少女でしたが、最近では大分円熟してきていて、早めのテンポでセンスの良い演奏を繰り広げるようになり、注目される存在になっています。

2
[2]• 微妙な感覚なのだが、ナイーブな少女の心境みたい。

シューマンのピアノ曲ベスト10

ピアノ 協奏曲 シューマン

低弦の響きが、ボンボンっと聞こえるのだが、これがまるでジャズを聴いているかのように思えちゃう。

7
ですので、初めて聴くとやや退屈に感じられます。 う~ん これは目から鱗・・・でした。

難易度最高の有名なピアノ協奏曲のおすすめ名曲15選 | VOKKA [ヴォッカ]

ピアノ 協奏曲 シューマン

グリーグのピアノ協奏曲もナイスな演奏で、内面からメラメラ炎が立ちのぼっているかのように熱い演奏だったのだが、シューマンも良い演奏である。

10
シューマンは、親友だった ルートヴィヒ・シュンケ ()(1810年-1834年)から献呈された『大ソナタ ト短調』作品3の一節を本作に引用している。 第1楽章の動機 C-H-A が管楽器で繰り返される。

シューマン(ピアノ協奏曲)

ピアノ 協奏曲 シューマン

第1主題は、木管の素朴な響きが印象的で、オーボエが、C-H-Aの主題を印象付けるものとなっています。

3
ゲンダイオンガクを聴いているかのようなリズムの激しさ、 そりゃー ピアノは打楽器かもしれないが。 ブラームスはクララの危篤の報を受け取り汽車に飛び乗ったが、間違えて各駅停車の列車に乗ったために遠回りとなり葬儀に立ち会えず、にある夫ロベルト・シューマンの墓へ埋葬される直前にやっと間に合い、閉じられた棺を垣間見ただけであったという。