超える 越える。 越える(こえる)の類語・言い換え

意外と間違う!『超える』と『越える』の意味の違いと使い分け

越える 超える

ぐっと引っ掛けるの意を含む。

19
超えるの1番目や5番目は「超過」とも考えられます。 度を越す。

越える/超える(こえる)の意味

越える 超える

範囲や大きさが基準より大きい の意• に 本質 より• 立ちまさる• この意味が、「越える」と「超える」の違いに関係してくるといえるでしょう。 3 世代を こえて受け継がれてきた…• また、数値を使う場合の多くにも使用されます。

7
これに加えて、「超」と「越」にはそれぞれ個別に意味があります。

超えると越えるの違い。温度・年齢・時間・金額など実例で使い分けをご紹介

越える 超える

6 ある考えや主義にとらわれず先に進む。 長さ・重量など数値として表すことができる物理的なことを表現する時の壁をこえるは壁を「超える」と使い、物理的なことが伴っていない場合の壁をこえるは壁を「越える」といった使い分けが必要です。 「超える」と「越える」を英語で表現すると ここでは、「超える」と「越える」を使った例文を紹介します。

両方ともに 「現状」から考えた時に「平均的」や「一般的」と考えられる範囲から『大きく過ぎた状態』である事を表す時に使用されます。

「超える」と「越える」の意味と違い~パッとわかる使い分けで超越!

越える 超える

役職の権限を越える判断を下すことには、大きな問題がある。

7
〈 越える〉 上を通りすぎる 向こう側へいく ある比較対象より上に出る 山、堀、壁 をとおる。 目標を 越える・・・100%を達成し101%、102%と過ぎていく状態を指します。

「超える」と「越える」の違いとは? 正しい使い分け方と例文を解説

越える 超える

普通の程度を、はるかに越えること。

8
乗り越える。

「超える」と「越える」の違いとは?使い分ける方法を徹底解説!

越える 超える

また、「ある日時が過ぎる」という意味合いもあり、この場合は「2時間を越える」「年を越える」などと使います。

3
「越える」の類似語 「越える」の類似語には 飛び抜ける・頭抜ける・抽んでる・際だつ・ 並外れる ・ 突き破って出る・他と比較してすぐれている・多くのものやことの中でずばぬけてすぐれていること、打ち負かす・目覚ましい働きをするといった類語があります。 意味: 1.ある所や時の境界をこえる。