ハスクバーナ ス ヴァルト ピレン。 驚異の軽快さに強烈なパンチ力! 新感覚のストリートスポーツ誕生 HusqvarnaMOTORCYCLES SVARTPILEN701(ハスクバーナモーターサイクルズ スヴァルトピレン701)#試乗インプレ

Husqvarna Motorcycles スヴァルトピレン401 :軽い車体に元気なエンジンは遊べるぞ!

ピレン ハスクバーナ ス ヴァルト

車体が軽いので、コーナーでバンクさせるのは非常に軽快。 ハスクバーナのラインナップするロードモデルが人気となっている。 新生ハスクバーナ まずは最近のハスクバーナを簡単に説明したい。

3
KTMの690DUKEが絶版となってしまった今、このエンジンが使われているのはハスクバーナブランドのみ。 ライディングポジションが違うだけではない!乗り味の個性を感じる2台 正直、ライディングポジションだけの違いだろう程度に考えていたが、乗り味までそれぞれの個性が演出されていた。

ハスクバーナ・スヴァルトピレン701スタイル(MR/6MT)【レビュー】 刺激強めのカンフル剤

ピレン ハスクバーナ ス ヴァルト

中型二輪免許で乗れるモデルです。

10
パワーは75馬力と、数値的には驚くものではないが、この軽量さとのマッチングで想像以上にパワフル。

373cc単気筒、ハスクバーナ「VITPILEN 401」「SVARTPILEN 401」のニューモデルが登場【EICMA 2019速報!】

ピレン ハスクバーナ ス ヴァルト

先にデビューした401との違いなども含め、都会の街で試乗してみた印象をお届けしたい。 試乗キャンペーンの恩恵は初期費用の大きな削減 概算ながらもそれぞれのバイクの乗り出し価格を計算してみると、今回の試乗キャンペーンの恩恵は 初期費用の大幅削減という見解になりますね! 大体12~13万円するであろう初期費用が2~3万円で済む様になる事から、試乗キャンペーンに乗っかると考えるなら 予算としてみるのは車体価格のみになるような感じです。 SVARTPILEN701 SVARTPILEN250 また、「 VITPILEN250」については、発売されるという情報もあるが、Husqvarna(ハスクバーナ)の公式サイトには、2020年モデルとしては掲載されていない。

17
VITPILEN と SVARTPILEN の違い スウェーデン語で、VITPILEN(ヴィットピレン)は「 白い矢」を、SVARTPILEN(スヴァルトピレン)は「 黒い矢」を、それぞれ意味する。

ハスクバーナのスクランブラー「スヴァルトピレン」に250ccモデルが登場

ピレン ハスクバーナ ス ヴァルト

ぜひ一度くらいはダート遊びに連れ出してみると新しい世界が広がること間違いなしだ。 タイヤがオフロードも連想させるパターンになったこともあるだろう、全体的に「ユルさ」がプラスされ、エンジンの回転域さえ気を付けておけばその高いスポーツ性を意識せずにカジュアルに付き合うことも可能だ。

ヴィットピレンにも増してパワフルな印象すらある。 他の何にも似ていない個性的なスタイリングはそれだけでカッコよく、実際に街中でも目を惹くし、装着されているパーツもクオリティも高いので所有感を満たしてくれるはず。

ハスクバーナ スヴァルトピレン701の見た目以外のイイトコロ|ずばり、ギャンッ!と回るエンジンと、250cc級の軽さです。|Motor

ピレン ハスクバーナ ス ヴァルト

しかしこのエンジンはまるで違う。 SVARTPILENシリーズに関しても、よりオンロード指向のVITPILENシリーズも含め、KTMのDUKEシリーズが開発ベースとなっている。 しかし、ここ10年ほどで、それが競技志向だったことなど感じさせないエンジンに熟成されてきた。

12
特別仕様のスタイルは、ブロンズ/ブラック/シルバーを取り入れたボディー色がスペシャル。

Husqvarna Motorcycles スヴァルトピレン401 :軽い車体に元気なエンジンは遊べるぞ!

ピレン ハスクバーナ ス ヴァルト

それからハンドルバーエンドのミラー。 現在、オフロードモデルは様々な選手権の最前線で活躍。

20
アップライトなポジションということもあり、市街地走行ではより実用性に富んだキャラクターとなっている。 その勢いに陰りが出始めると、ハスクバーナは1986年に二輪事業をイタリアのカジバに売却。

【ハスクバーナ】欲しい人は試乗しよう、中型のピレンが安く買える!|はじめてバイク

ピレン ハスクバーナ ス ヴァルト

VITPILEN と SVARTPILEN Husqvarna(ハスクバーナ)は、2018年に、「 VITPILEN(ヴィットピレン)」と「 SVARTPILEN(スヴァルトピレン)」という、個性的なオンロードモデルを、新たに投入している。

10
傑作「LC4」の血を受け継いで進化した701も素晴らしいのだけれど、401は排気量が小さいため、吹け上がりがとてもスムーズで軽快な回り方をする。

【ハスクバーナ スヴァルトピレン250 試乗記】スタイリッシュで走りも楽しい「都会の冒険者」 試乗インプレ・レビュー

ピレン ハスクバーナ ス ヴァルト

また、排気量による違いも、同様に試乗していないので、わからない。 実はこの兄弟には、もう1台親戚がいる。 その隣に、発売から一週間後の『Svartpilen 701』が居たわけです。

13
サイドパネルにデザインされた701の文字を配したり、タンデムシート後端がぴょこんと跳ね上がっていたり、タンクに機能とは関係なさそうなデコボコあったりと全てにおいて個性的である。 アップタイプのマフラーは、円筒を斜めにカットしたようなデザインが特徴。