モーツァルト ピアノ 協奏曲。 ピアノ協奏曲第18番 (モーツァルト)

エレーヌ・グリモー、待望の新録音!『The Messenger』~モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、シルヴェストロフ:使者、ほか

協奏曲 モーツァルト ピアノ

上に載せたのはオリジナルのジャケットです。 優美なメロディーを持つ第二楽章がその中で何度も使われました。

15
595 (ピアノ、指揮) 録音時期:2010年4月15~18日 録音場所:クリーヴランド、セヴェランス・ホール 録音方式:デジタル(ライヴ) 【内田光子ショート・バイオ】 1948年 静岡県熱海市に誕生。

ピアノ協奏曲 第1番 K.37 ヘ長調/Konzert für Klavier und Orchester Nr.1 F

協奏曲 モーツァルト ピアノ

第20番(1956年録音)、および2台のピアノのための第10番(1955年録音、もう1台はギャビー・カサドシュ)はモノラルである。 ピアノも最初の音からピンと張った音で鮮烈であり、ひたむきに 弾いている印象です。

彼にとってそれは簡単なことだ。

モーツァルト ピアノ協奏曲

協奏曲 モーツァルト ピアノ

そして速いパッセージにおいては拍を前 へ詰めるようにして、少しだけ前のめりになるところにこの人の特徴が現れま す。

8
濁らない、透き通ったメロディは息を呑む美しさだ。

ピアノ協奏曲全集 ツァハリアス、ローザンヌ室内管弦楽団(9CD) : モーツァルト(1756

協奏曲 モーツァルト ピアノ

千鳥は可愛らしいですが、モーツァルトはどうでしょう。 ピアノ協奏曲楽章 ニ短調 k. 抑揚は大変よくついているの ですが、楽しげではあっても情緒たっぷりの泣きには決してなりませ ん。

3
第20,21,25,27番。

ピアノ協奏曲第26番 (モーツァルト)

協奏曲 モーツァルト ピアノ

ピアノの音が大変きれいです。 このアルバムの選曲に際して、グリモーは全体の演出に合うモーツァルトの音楽を慎重に選びました。

1
アインシュタインはアンドレの補完が若干不満足なものであるとして、次のように述べている。

アンドラーシュ・シフ/モーツァルト: ピアノ協奏曲全集

協奏曲 モーツァルト ピアノ

アルゲリッチは流麗で色彩的な演奏で、年齢を感じさせません。

5
125c 1772 弦楽四重奏• 593: ニ長調 1791年 35歳 ウィーン [ ]• 影のある美しいモーツァルトという印象です。 167a 1773• デュポールのメヌエットの主題による9つ(6つ)の変奏曲 ニ長調 K. ライヴですがミスタッチもありません。

ピアノ協奏曲全集 ツァハリアス、ローザンヌ室内管弦楽団(9CD) : モーツァルト(1756

協奏曲 モーツァルト ピアノ

こんなピアノ協奏曲第20番は他にはないと思います。 の終楽章の差し替えとして作曲したロンド楽章である。

3
独立してよく取り上げられる曲でもなく、ブレンデルの全集で案外満足してしまうのであまり真 剣に探してこなかったとも言えますが、これは好演です。 手紙での配慮の文面は恐ろしく状況判断と気遣いができることを示しています。