胡蝶カナエ 名言。 胡蝶カナエ 名言

胡蝶カナエのセリフ・名言集!~内に秘めた悲痛な決意~

名言 胡蝶カナエ

登場した初期はここまで書いたように自分の意思を表に表しませんでしたが、上弦の鬼童磨と戦った時だけは人が変わったように想いをあふれされています。 だってカナヲは可愛いもの カナヲを心配するしのぶに「重く考えないように」と伝えた時のセリフです。

実はカナヲも自分の意思で動いていた 生い立ちにも書きましたが、 鬼殺隊に入ろうと決めたのは他ならぬカナヲ自信の意思です。

胡蝶カナエ 名言

名言 胡蝶カナエ

しかし、生き残った玄弥は母が死んだことに混乱し「人殺し」と実弥を罵倒した。

20
胡蝶カナエの名言 きっかけさえあれば人の心は花開く 自分の頭で考え、行動できないカナヲに向けた一言。 突然のことでカナヲの頭の中には、上官・柱・命令・任務…など色んなことが1度に思い浮かび、銅貨を使って判断しようとも思いました。

『鬼滅の刃』栗花落カナヲ(つゆりかなを)の名言・セリフ集~心に残る言葉の力~

名言 胡蝶カナエ

上品な言葉使いだが毒舌な面も 姉のカナエに笑顔が大好きと言われたのでずっと笑みを絶やしません。 胡蝶カナエが鬼殺隊に入隊した理由 胡蝶カナエが鬼殺隊に入隊した理由は、 鬼に両親を惨殺されたからです。 誰もが忌み嫌い、憎悪する鬼に対しても哀れみと救済の心を向けるというのは、聖母といっても過言ではないような優しさです・・! こういった鬼に哀れみの感情を向ける点は 炭治郎と近い性格をしています。

19
姉の仇をとるために自分の身体をも変え、 妹的存在であるカナヲに最後は託すしのぶさん、切ないです。 」 親に売られた時でさえ悲しみも何の感情もわいてきませんでした。

胡蝶カナエ 名言

名言 胡蝶カナエ

なぜなら、 カナエは花柱だったから。 ある意味しのぶの名言だと思います。 鬼がもともとは人間であったことを知り、人食いの怪物と成り果てた彼らをも救い、可能ならば仲良くなることを望んでいた。

柱になった理由 家族を鬼に殺された過去が しのぶは幼い頃に家族が鬼に殺されています。 しのぶは解決になっていないと呆れていたが、カナエは「いつか好きな男の子ができればカナヲも変わる」と気楽に考えていた。

【鬼滅の刃】胡蝶カナエはどんな人?名言や声優、過去などを解説!

名言 胡蝶カナエ

立ちなさい」と己に投げかけ奮い立たせていた言葉だったのかもしれません。 考えられる理由がこれくらいしか思い当たらないんですよね。 裕福で優しい両親の下、妹のしのぶと共に平和に暮らしていた。

18
ですが自分の思いは消せませんし、 姉の意思を消すなんてしのぶには到底できません。

【鬼滅の刃】胡蝶カナエまとめ完全版!名言・かわいいイラスト・髪飾り【しのぶ・カナヲとの関係性】

名言 胡蝶カナエ

カナヲもこのことを非常に感謝しており、カナエの死後は形見として彼女が使っていた髪飾りを身に着けるようになった。

14
しかしカナエは任務で鬼に殺されてしまいます。 珠世が開発した透明化の血鬼術を使って鬼舞辻無惨を翻弄するものの、最強のやたちと共に返り討ちに合ってしまう。