トニック ドミナント。 コードの役割とは?トニック、ドミナント、サブドミナント

トニック、ドミナント、サブドミナント!代理の使い方を解説

ドミナント トニック

実は、今はまだ和音を3個しか重ねていませんが、この先4段重ね、5段重ねと進むとIIImのコードはIのコードとの共通音が多くなって行きます。 (とりあえずここでは似た構成音を持つ和音には同様の機能・働きがあると覚えて次のステップに進みましょう。

ハ長調で言うところの、「G」のコードになります。 主要三和音の代理として使うため、 代理コードと呼ばれます。

トニック、ドミナント、サブドミナント!代理の使い方を解説

ドミナント トニック

コード進行はこのようにそれぞれの機能を持ったコードをカデンツに沿って並べることで成立します。 また、曲の途中でも「終止」と言います。 ( Ionian Scale )等のスケールから類推した場合、短七度を付加するとトニックコードとしての機能を失う。

13
CとEの二つの音が共通していることが分かります。

コードの機能! トニック/ドミナント/サブドミナント

ドミナント トニック

もう一声、〆の一音が欲しいところです。

15
メジャースケールにおける和音の機能 それぞれの調 スケール が持つダイアトニックコードの各音のディグリーをベースにして機能が割り当てられています。 ここではドミナントの役割や効果について詳しく解説をしていきます。

DTM作曲の基本(3コードを覚える)その3

ドミナント トニック

トライトーンは全音3つ分 または半音6つ分 離れた音の関係で、不安定な印象を与える要因のひとつです。 VII(ハ長調におけるBdim)もほぼ同様の機能を持ちますが古典派の楽曲ではあまり使われません。

ここで、主要三和音、「トニック」、「ドミナント」、「サブドミナント」を抑えておくと、この次から学習していく内容にもスムーズに入っていけますし、コード進行の理解も早くなることかと思います。

トニック、ドミナント、サブドミナントとは?

ドミナント トニック

五度圏で確認してみてください。

5
まとめ 「トニック」、「ドミナント」、「サブドミナント」は主要三和音と呼び、重要なコードになってくること、それぞれの性質や特徴などを解説してきましたが、どれも、 実際に鍵盤で音を触ってみることで、なんとなく感じをつかむことができ、この解説の意味が分かってくるかと思います。 帰りは今までと同じように ドミナントホールから直接トニック家まで帰宅しなければなりません。

第一回 マイナーキーのダイアトニックコード —サブドミナントマイナーとの出会い—

ドミナント トニック

」を打っとこう、みたいな感じです。 ここでは、曲のバリエーションを増やすために利用されているドミナントの応用方法について説明します。 となると、カーク船長の性格が「トニック」ということになます。

18
ダイアトニックコードだけのコード進行なら、違和感のない楽曲を作ることができます。

トニック、ドミナント、サブドミナントとは?

ドミナント トニック

この図の内容は覚えてくださいね。

19
本シリーズのコンセプトは 実際に歌ってハモることで、感覚から和声法を理解し、納得を得ることです。 メジャーとマイナーで同じコードでも機能が異なることも要注意ポイントです。

代理コードの種類と一覧表【ダイアトニックとノンダイアトニック】

ドミナント トニック

たとえばVからトニックの代理和音であるVIに進んでひと段落をつけることをと言いますが、これはやはりIとVIでは厳密な和音の機能としては相違があるということを表しています。

14
機能 サブドミナントは上記二種に比べ、 最も「これだ!」といった機能がないものになっています。